2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

プリンブログパーツ

ブログの更新がないときは・・・

  • つぶやいてます・・・
    ブログ以外にも、つぶやいていたり。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

ホヌのリフォーム☆リフォーム

ホヌの家の香りがあまりにもすごい話 で、水深が浅いのではないかというアドバイスを頂いたので、水深を深くしてみようと試みました。

Mizukae1 水換えの途中のホヌ。この水槽、ホヌがきた時初めて使った水槽なのですが・・・
以前はこう。
Kamekuro1 水槽に緑色の何かがみえるのがわかりますか? こうだったのにね。

さて今のまんまで水深を深くすると、亀島が冠水するので亀島を高くしないといけないので、足を2cmほど伸ばしました。
Barakku2・・・・
この画像を見てパパが「アルミの屋根がバラックみたい」とのこと。
Sk0676_2 まあ、たしかに。ホヌの家に無計画さがでてますね。

Barakku3_2 水深を深くしました。
初めての深い場所にホヌは最初、驚いたようで溺れたように暴れまわってました。

もともと亀島には人工芝をひいていたのですが、汚れがかなり付着するので取っ払ってレンガののような石をかってきてのっけました。スロープは人工芝。

Barakku4 亀島を高くしたことで、水槽のヘリが近くなり脱走する可能性が出てきたのでプラダンでとりあえず脱走防止の壁を作りました。

Oboresou5_2 「足がつかないのだけど!! ちょ・・あぷアプ〜」

この日は亀島上陸をしないので、試しにえびをスロープと石の上に1尾づつ置きました。ここに登れるって分かってくれるかなって不安でしたけど、置いてちょっとしたらエビが全くなくなっていました。いつの間に?!ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

2日目。
Gannbannyoku6 岩盤浴を満喫してるホヌが居りました。
よかった、よかった^^


ところでこの数日後誤ってバスキングライトに水をかけてしまい、「バシ!」というフィラメントか何かがキレるような音がして、バスキングライトが点灯しなくなってしまいました。割れてしまってました。
この日、名古屋は雪が降り怖くってお店まで車を走らせることができませんでした。
バスキングライトって皆さん普段はスペアを持ってみえるんですかね?
これを機に私は後日2個買ってきました。今度からは水換えの際はバスキングライトを消して、作業をしないといけないなって思いました。無知って恐ろしい。

味見を☆してみました

さて・・・昨日の記事 で、後日談があります。

その前に、現在のホヌは以前使っていたヒーターで26度のがあったので、それを出してきて使っています。2度の違いは大きいようで、水はあまり濁ってないし、臭いもそんなにしません。餌は温度を下げたので少し少なめでテトラレプトミンに変えてやったら食いつきっぷりが違うこと、違うこと(笑)。しばらくはこれで様子を見て行きたいと思ってます。
また、こういうやり方があるよというアイデアなどがありましたら教えて下さいませ。よろしくお願いします。(人><)

もとい。
後日談。
Onebo2 彼女にはテトラレプトミンをプチ絶食させた後、キョーリンからでている亀の餌を与えようと画策。
130353 これがその餌なんです。まるで百草丸のような丸々ツブツブで、餌どくどくの香りは、今まで使ってきたGEXの「カメ元気」「テトラレプトミン」に比べると少ない模様。
でも前の記事に書いたように食べてくれなくて、3〜4口目になると口からペ〜〜〜と吐き出す始末。うわああん。つД`)

GEXの「カメ元気」「テトラレプトミン」には香りの他に共通するものがあります。それは餌が入ってる容器。円筒形のプラスチックの容器に入ってるのです。でもキョーリンのはしっかりしたビニールの袋にチャックが付いているというシンプルな作りです。それが今では・・・。
Kame5 ・・・・・。このような容器に保管されてしまいました。湿気対策ではありません。
Matamoya1 「・・・何っっっっ?」
皆さんには話の流れが見えてきたかと思われますが・・・最後まで話しをさせてください。
買ってきてから2日目。
私より早く起きていたパパがポットの電源を入れようとした時
「何が起こった?!」
という声が上がりました。慌てて見に行きました。刑事ドラマで言う「現場」になってました。「げんば」じゃないですよ、「げんじょう」ですよ。
パパの怒りがあまりに激しかったので、デジカメで証拠画像をおさえるという行為さえもできない有り様でした。だから画像はないのですが、袋は穴だらけ、餌が派手に散らばっていてその側にはその餌をモリモリと食べたんでしょうね。リターンの後もきっちりとありました。

以前からホヌの餌をやるときは必ずと言っていいほど側に侍って「何かを待っている」ふうにじっとその様子をガン見していたクロたん☆。
亀の餌って臭いはキャットフードに似てますからねぇ・・・。今まではプラスチックの容器に頑丈に入っていたから襲っても仕方がなかったのが、ビニールだったら自慢の牙なら簡単に袋を破ることができるというものです。やっちまったんですねぇ。
Tigau2 「そんなこと知らんでぇ〜!」

以前いりこダシを襲ってキッチンの床をいりこダシだらけにしたクロたん☆。
Tappa4 未だにこのタッパーに入ってるいりこダシ。未だにたまにこれが床に転げ落ちていてます。味見をしてくれてありがとう。ホヌは食べてくれなかったんだけど、クロたん☆は食べてくれたんだね・・・。

鼻に☆アッパーカット

少し暖かくなって、春めいたかなと思ったらまた寒くなる・・・。
風邪がひきやすい状況ですね。皆さん大丈夫ですか。
私は風邪も治りまして、元気ですがこの寒さに心が折れそうです。

さてさて、そんな寒い中でも常夏な場所があります。それはホヌの水槽の中。
なんと28度をキープしております。
毎日水換えをするんですけど、排水をする際よく見ると湯気がモワ〜と立つんです。
そして何故かホヌは冬になると急成長をし始めるという・・・、困ったやつです。

Onebo1 「・・・・!!!!」

この寒いさなか、水を変えようと水槽のフタを開けると
”モッファアアア〜〜〜”
という擬音が鳴り響くような・・・強烈な動物臭と申しましょうか、するんです・・・。
夜、餌を与えるときは金魚の水槽くらいの水生動物独特の少し生臭い?くらいの香りなんですが、一晩経つと水の色が餌の色になり・・・。
餌は亀を飼ってみえる方ならポピュラーである「テトラレプトミン」。
Onebo2 「・・・え? カメラ回ってるの?」

すごいんですよ、もう・・・。毎日、この瞬間心が折れそうになります。

カメは・・・。人工的に飼っている以上、どうしても水が汚れてしまうというのはどうしようもないとわかるのですが、この匂いは・・・鼻にグーパンチで殴られる感じなんです。体調が今ひとつの時は吐き気さえも襲ってくるときも(||´Д`)
餌が悪いのかな? テトラレプトミンからキョーリンのカメのエサに買えることを決定しました。しかし、どうも彼女の口には合わないらしい・・・。
プチ断食を試した後、餌を与えても
「これじゃなーい!」
と言った様子がありありと分かり、5粒くらいしか食べてくれません。
Onebo3「寝起きを襲うなんて・・・」

今が真冬でなく夏なら・・・水換えも楽で朝・夕換えるのもなんとも思わないけど、冬なので給湯器でなるべく28度に近づけはするのですが、一日になんども温度が変化するのはあまり感心できることではないと思ってます。

餌も口にしないのも気になるので、後はヒーターの温度を下げること。
25度のヒーターも持ってます。それにしてみて少し彼女の新陳代謝を落とそうかな・・・。

本来なら亀を飼うものとしては臭いくらいの試練は乗り越えて当たり前なのでしょうが、体質的に香りなどに敏感な私はけっこうつらいものがあります。買うと決めた以上、自分が体が動くうちは(カメってすごく長生きだから)自分で面倒を見たいなって思ってます。折り合いは付けないといけないなぁって思ってます。

ただいまホヌの体重は291g。甲長は12cmくらい。もう「つまむ」なんてことはできません。暴れたりするので両手でつかまないと落としてしまいそうになるほどの怪力。ワタシ的には大人じゃないかななんて思ってます。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

携帯百景

ウェブページ

無料ブログはココログ